終焉

先に行く。違う畑どころか違う生き物。 安定してめんどくさがってお前を過大評価してるのはお前以外に他に誰がいるのか、他人が都合よく作った常識を都合よく解釈して、その上で笑っているけど俺には溺れているようにしか見えない。その空気で生きていくのか…

懐かしい未来

目まぐるしく、おそらく幼稚な自分が自らの悲観的観測により導き出した物理的限界なんかとっくに超えて、思考と行動を繰り返す。 自分の日々の行動やその機微、心の移り変わり、そこから派生する新たな感覚性なんて、実直に口にしない限り他人には知り得ない…

うんこ

目的として楽なことは良いことじゃない。手段が楽なことは良いことだと思う。欲望と志は別物だ、欲のクソにまみれないように、道を志す。

やさしさ

答えがいちいち必要か?早死にしたいの?素直であるべきだ、嘘ついたり自分の弱さを都合よく誰かの所為にして、調子にのるのは良くない、だいたい何様だ?良い悪いいけるいけないそんな次元の話じゃなく、やりたいかやりたくないかの話だ、素直であるべきだ…

ゆき

白い綿が幾重にも重なり空から舞い降りた、諦念と慰めに溺れる前に蹴散らしちまえ自分に足りないものを得るには人に尽くすことが、目の前にいる人、隣り合わせた人に尽くすことが大切だと教えられ、確かに自分のことより人の為だとより頑張れたりするもんだ…

白も黒も

はっきりさせなくて良い時がある、それは逃げじゃなく、はっきりさせなくてこその流れそのものが答えの時だ、いのちだ

やっちまえ

心に描け、なんだって出来る、やっちまえ

寒さもを感じることも生きている証、 右に行ったり左に行ったり、上に行ったと思っていたら下に行っていたり。 戻る真ん中は生きてるっていうそのものだ。 更新も雑だけど、新しく誕生日を迎えて忙しさとも最近は良い友達になりつつあるので、わりと更新して…

うそつきだ

設計図ばかり立派に作って、見せびらかして、てきとうな反応もらってそれを並べて眺めて、切実なフリ、闘っているフリ、誰にもバレないように自己満の熱で沸かしたナルシズムの湯に浸かってる そのあとに自分の中に何が残っているんだろうか、 それを取り出…

ツアー2

6/28仙台マカナ 俺の地元でもある宮城県、 いまだってその地に足を踏み入れると、楽しかった日々や、情けなかった自分、劣等感に押しつぶされて世の中にヘイトしまくっていた自分、 変わらずずっと優しい人、ブレないで頑張っている人、 とにかく色んな情景…

ツアー

5/13無事レコ発が終わり、この日は久しぶりにライブに来てくれた友達や仲間がたくさんいてすごく嬉しかった。 友達がライブやってるからいこーぜって感じで来てくれてたみんなも仕事や家庭観環境が変わってそれがちょっと懐かしいくらいの今になったわけだけ…

バンド

バンドをやるということは楽しいことだ。

かたち

形あるものはいつか終わる、そんなの戦いもせずに簡単に言うことなんて、うるせーそんなのお前の場合だけだろって思うけど、 きっとそれは本当なんだと思う。 少しでも創造によって手繰り寄せられる未来は、絶対に諦めないってことは音楽から教えてもらった…

春の始まり

ひとつひとつの季節の変わり目を感じながら過ごすことが忙しくて出来ていないんだけど、みんなの意識が目の前に来ることに対して立ち向かっているからこその迫力があってワクワクを貰う。勝手にありがとう。 よく褒められて伸びるとか、落とされて伸びるとか…

じぶん

色んな音楽を観て聴いて、感動したり、嬉しかったり、自分が出すものに何処から何がどのくらいって分からないけど、影響を受けたものが反映されているって素敵なことだな、 やりたい音楽、みんなで創る音楽、環境によって響き方が変わるけど、 なにが正解と…

おとといきやがれ、音と生きやがれ

notice itを始めて今年で10年になるのか! 早! あの頃生まれた子が10歳かよ! てか俺30かよ! まだまだ始まりを感じながら頑張ってまいります。 最近、曲を作っていて、本当に思うのは、ちゃんと4人の成分で作れているってこと、 イメージや雰囲気ばかり先…

kotobano

自分の成長のことなのに人に気を遣うことや、 尊敬を持って接することを 「自分自身に嘘をついてる」とか、 「素を出せない」っていう解釈になるのっておかしくねーかなって思う。 自分の居心地の良さイコールだらしなさに繋がって、 素を出せるってことが、…

AAD-warp-sonic

AADリリース、ツアー本当にお疲れさま。 彼らとは結成時からの付き合いでもう半分家族みたいなもんだ、 違う大学の軽音部の俺らと彼ら、 もうたくさんの時間が過ぎたけど、 今回の1年休んでから魂の込めた音源"reed" を聴いてると、男のかっこよさ、優しさ…

めっきり冬

秋はどこに行ったのか、そもそもお盆過ぎてからここまでのタイム感がよくわかんなくて秋って来てたっけ?ってな具合だ。 今年も色々あった、相変わらずただ流れていくだけの感覚ってのは要は暇で充実していないことを指している、ってな具合に経験も出会いも…

yeh

20代最後となるこの2016年。のこりわずか。